QOL向上

社会人トレーニーのための時間短縮術 洗濯機編

今月僕はシャープのドラム式洗濯乾燥機ES-H10Cを購入しました。
https://jp.sharp/sentaku/products/esh10c.html

値段は総額15万円。低収入サラーリーマンの僕にとってとても痛い額です。

それでも購入に踏み切ったのは洗濯という作業が僕にとって大きなストレスだったから。週に3回洗濯をして毎回洗濯物を干す。この作業が苦痛でした。特に洗濯物を干す作業は毎回10分程度かかります。シワが残るから洗濯した直後に干さないといけないので洗濯が終わるのも待ってないといけません。自分の時間が洗濯なんかの為に取られてしまう。トレーニング時間も削られてしまう。それが嫌でした。だから僕は高い金額を払ってドラム式洗濯乾燥機を購入する事を決意しました。

結論
ドラム式洗濯乾燥機最高でした!洗濯へのストレスが80%は軽減できたと思います。この80%減った理由は何か残りの20%は何なのかを解説していきます。

ストレスが減った理由
洗濯物を干すという作業がなくなりました。毎回10分以上は洗濯物を干すという作業をしていました。僕はジムで筋トレもしてるので普段の服+ジム着があります。そのため毎回洗濯物のボリュームが多かったです。これはけっこうな苦痛でした。特に冬場は洗濯物が冷たいからなおさら大変でした。ドラム式洗濯乾燥機に変えて洗濯物を干す作業から解放されたのは大きなストレス低減でした。

時間に縛られない
洗濯物を干す時って洗濯してからすぐに干す人が多いんじゃないかと思います。これはシワ防止やカビの発生を抑えるためです。そのため洗濯機を回して運転が終わるのを待たないといけませんでした。洗濯機の前に張り付いてる必要はありませんが終わる時間を気にしてないといけません。友達から飲みの誘いが来ても洗濯終わるまで待ってなきゃって事もありました。ドラム式の場合は乾燥機能がついているため洗濯物を干す必要がありません。だから友達から飲みの誘いが来たらすぐに行けばいいし服が欲しくなったらすぐにユニクロに行けるんです。家に帰ってくる頃にはフカフカのバスタオルができあがっています。

ここまではいい事ばかり書きましたがドラム式洗濯乾燥機のダメなところ、欠点もあります。欠点というよりはまだできない事と言っていいでしょう。

乾燥させた服がシワになる
これはどうしようもない事かもしれないですけど服がシワになってしまいます。特にシャツ類。これは現在の技術ではどうしようもない事かもしれません。ただ1回の洗濯量を少なくするとだいぶシワが抑えられるようです。(下記リンク参照)
https://www.tshirt.st/casualnote20181008/
だから下着類やバスタオルなどのシワになってもいいものは洗濯機の容量限界で稼働させてシワにしたくないシャツ類は少量洗濯するといった使い分けをすればいいかなと思います。

僕にとってはドラム式洗濯機は買って良かった商品でした。1人暮らしのアラサー男子で洗濯量が少ないにも関わらずとっても有益だと感じました。これが同棲していたり結婚して子供がいたりしたら洗濯物が爆発的に増えるのでさらにドラム式洗濯機の効果は表れてくるのかなと思います。
もし購入を検討されている方は何でも相談に乗るのでTwitterでDM下さい。

ジェット

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です